2015年06月12日

Kino MacGregor大先生のジャンプバック解説。コツを伝授されています


ジャンプバック練習励んでいますか?

今回のは、Kino MacGregor大先生によるジャンプバックの解説です。

ジャンプバックの流れを説明してくださいます。



流れがわかったところで、呼吸との関係を説明しているのが次の動画です。

息を吐いてリラックスして。手のひらはお尻よりも前の床について。

脚を体に引き付けてボールのように丸くなります。

息を吸って体を持ち上げて、息を吐きながらひじを曲げて体を回転させて、脚を後ろへ。



いかがでしょうか。

ジャンプバックもなにも、まず、体を両手で持ち上げられないって方にはこの動画です。

身体を持ち上げる(リフトアップ)の練習方法をキノ大先生が解説してくださっています。



吸って持ち上げる。吐いて降りる。

吸って持ち上げる。吐いて降りる。

吸って持ち上げる。吐いて降りる。


posted by なんちゃって行者 at 10:11| ジャンプバック

David Swenson先生のジャンプバック指導動画


David Swensonってご存知ですか?

この方です。



本も出していて、その世界では有名な先生です。




その先生が、ジャンプバックを指導している動画がありました。

できそうでできないこの女性の姿はまるで自分を見ているようです。




この動画を見て気づくコツは、

身体を持ち上げて、ぐっと身体を回転させるときは、首を曲げる。

回転完了して脚を伸ばす時に瞬間的に首を戻し、前方を見る。

あとは、伸ばしていた肘を折り曲げるタイミングが大事ですね。

posted by なんちゃって行者 at 09:47| ジャンプバック

ヨガのジャンプバックの練習方法を段階的に解説した動画。


ジャンプバックの練習やってますか?

ジャンプバックはやみくもにやってもできません。

練習にもコツがあります。

ラスベガスの Paige Warthen先生がジャンプバックの練習方法を教えてくれます。



まず、体を持ち上げること(このとき、腕はまっすぐです)。

それから回転動作に入ります(このとき、ひじが曲がります)。

この動画では、いったん手の甲の上に足を置く形で練習しています。


posted by なんちゃって行者 at 09:38| ジャンプバック